PMSの基礎知識を知ろう

皆さんは「PMS」というものをご存知でしょうか。
近年では、テレビコマーシャルなどでも見けることも出てきましたので、その名前だけでも認識していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
とはいえ、その詳細についてはご存じない場合もあるかと思います。
今回は、PMSとはどのようなものを指すのか?その症状とはどのようなものなのかについて触れていきましょう。

月経の前にはイライラするPMSとは

月経の前にはイライラしやすく情緒が安定しなくなったり、甘いものが無性に食べたくなったり・・・そのような不調や異変を感じる女性も多いのではないでしょうか。
もしかしたらそれはPMSかもしれません。

PMSとは、月経前困難症のことで、月経の3~10日位前から起こる気持ちや体の不調のことをいいます。
月経がくるとそれらの症状は弱くなり消えていくのもその特徴といえるでしょう。
こうした悩みを抱えている女性も多くいらっしゃいますが、PMS症状であるという認識度が低いのもまた事実なのです。

PMSの自覚症状や認識について

先に認識度が低いと記しましたが、PMSにはさまざまな自覚症状があります。
認知度が低い理由としては、その詳細について知らないという背景があるからなのです。
名称と内容を知っているという女性は全体の約4割程度ともいわれているのです。

PMSの症状は、身体的な部分ばかりではなく精神的な不調も多く見受けられますので、やはりその症状を知ることは大切なことといえるでしょう。

PMSの目立つ症状や代表的な症状を見てみる

PMSの症状は人によってさまざま現れます。
同じ人によってもその月によって変化する場合も多く、種類数といえば200以上にも登るといわれているのです。
とはいえ、目立つ症状・代表的な症状というものもあります。
以下、身体的症状と精神的症状に分けて見ていきましょう。

精神的症状

・イライラする
・情緒不安定になる
・落ち着かない
・気持ちが沈み憂鬱になる
・常に張り詰めたような気持ちになる
・家族や身近な人に八つ当たりしてしまう
・集中力が欠ける

身体的症状

・乳房の張りや痛み
・肌荒れやにきび
・体重増加
・下腹部の張りや腰痛
・眠気や不眠
・疲れやだるさ
・頭痛や頭が重たい
・のぼせ感

などが考えられます。

自己診断を過信せずにPMS月経周期

代表的なPMS症状は存在しているものの、注意をしなくてはならないポイントがあります。
それは「自己診断を過信しないこと」なのです。
同じような症状を持つ別の病気もまた存在しているのです。
もし、気になる症状が月経周期にともなわないという場合には、一度病院を受診し検査などを受けられることをオススメしたいと思います。

基礎体温をしっかり測りフォローしていく

対策についてですが、症状が重たい場合には産婦人科などにおいて薬が処方されるかと思いますのでそれを服用する形となります。
また、自ら対策を取りやすくする方法としては「基礎体温」をしっかりと測ることによって準備などもしやすいことでしょう。
さらには、周囲に理解をしてもらうことによってフォローをしてもらうという形の対策方法もあるでしょう。

何より無理をしないことが重要ではありますが、症状にあわせた適切な対処法を見つけていくことをオススメしたいと思います。

このようにPMSの基礎知識について今回は触れていきました。
その症状について知っておくことによってより理解を深めることが出来るでしょう。
それが、正しい対策や予防または第三者として「理解を示す」という事にもつながってくるかと思います。