PMS症状や状態に合わせた食べ物を摂取する

食欲が増加してイライラ状態にあるという場合

血糖値が下がると食欲が増進したりイライラする症状が悪化するというケースもあるのです。
急激に血糖値を上げてしまえば悪循環にも陥ってしまいますので、ゆっくりと上げていくことがポイントといえるでしょうる

食品としては、でんぷんや穀物類豆類などをオススメします。
これは「複合炭水化物」とよぶれるもので、ゆっくりと消化して緩やかに血糖値を上げてくれる食品なのです。
チョコレートやケーキ・果物などは「単一炭水化物」と呼ばれており、急激に血糖値が上がってしまいますので注意が必要です。

なおこの複合炭水化物ですが1日に4回~6回程度、小分けにして食べていくと良いでしょう。

情緒不安定になっているという場合

交感神経が活発になりすぎている可能性があり、ホルモンバランスも乱れている可能性があります。
ですから、それを整えるようにするのがポイントです。

まず、カフェインを避けるところから始めてみましょう。
交感神経が活発になりやすい作用があるというのがその理由です。

情緒不安定を和らげるのには、ビタミンB6やカルシウム・マグネシウムを摂取するのが良いとされています。
具体的には鰹やレバー・ナッツ・海藻類です。
さらには、豆腐や豆乳などには、イソフラボンが含まれておりこれは女性ホルモンと似た働きがありますので同時に摂取していくと良いでしょう。

そしてビタミンEもおすすめです
神経伝達物質の代謝に関与していないものが特に良いとされていて、ブロッコリーやアーモンド類がそれに該当します。

むくみや頭痛に対処する

利尿作用があるビタミンEを含む感想豆類や木の実を摂取していくとよいでしょう。
また、アルコールや塩分はむくみの原因ともなりますので、摂取は控えたほうが良いでしょう。

食べ物を上手に取り入れる

このように、症状にあわせて取り入れたほうが好ましい栄養素や避けたほうがよい食べ物などがありますので、状態に合わせて取り入れていくとよいでしょう。
もちろん、日ごろの生活の中で意識をしていただくのもおすすめとなっています。