PMS症状を重症化させる環境や背景について

ストレスが重なること

環境が変化したりハードワークが続き緊張状態もまた続いているなどという場合などストレスが重なる時にはその症状もまた重度なものとなりやすいのです。

環境の変化についてですが、結婚や出産という一見すると「幸せな出来事」もまた精神的にはストレスがかかっている場合も考えられるのです。

性格的要因について

一般的には、律儀で真面目・几帳面・完ぺき主義・自分に厳しい・負けず嫌いなど、社会的には好意的に見られるタイプの方ほどその症状が出やすいともいわれているのです。
簡単に言えば、生真面目で誠実だからこそストレスを受けやすい状態を作ってしまうともいえます。
もちろん、絶対的なことではありませんが、該当する項目があれば気に掛けておいたほうが良いでしょう。

食生活や嗜好品について

喫煙者である・飲酒を毎晩のようにしている・カフェインを過剰摂取しているなどという場合は症状が重くなりやすいと言われています。
また、不摂生が続いたり外食や添加物摂取が多いなどといったバランスの悪い食生活が続く場合においても重症化しやすいといわれているのです。
身体全体的な機能も低下させてしまいやすい環境ともいえるでしょう。

自律神経系・体力の低下

例えば、風邪をひいてしまったなどという時には免疫力が低下している状態です。
また、精神的な病気を患っているという場合は自律神経が乱れていることもあるでしょう。
こうした背景が症状を重たくさせていることもあるようです。
免疫力があがったり自律神経の乱れが落ち着くことによって、その症状も比例するように軽くなるというか方もまた多いようです。

環境は変えられる

今回は、考えられる症状を重たくさせる要因について触れて行きましたが自らが環境を変化工夫できるものが大半だったかと思います。
まず、自らが出来るところから環境を整えてみてはいかがでしょうか。
症状を軽減させるという目的はもちろんですが、予防するという意味合いにおいても有効的なことといえるのです。